完全無敵!電話の達人になる社員研修

社員研修で学べることは

電話応対は、社員として働く上で必須のスキルとなります。顧客対応だけでなく、取引先や社内でも電話は利用されます。そのため正しい言葉遣いや敬語などのスキルは社会人として必要になるのです。社員研修では、一般的なマナーも教えてくれるので安心です。まずは社員研修で、基本的なことを知りましょう。会社で働いたことがなければ、自社の上司を取引先などにどのように紹介するのかも分かっていません。
取次をするだけでも、社外の人間に対応する時は部長や社長であっても社内の人間は名字を呼び捨てにするなど配慮が必要です。
できるだけ早く慣れるためにも、電話応対スキルは必要になってきますので研修でしっかりと学んでおくようにしましょう。

研修時のポイントは何か

最初の研修時には、できるだけのことを教えてくれます。もしも分からないことがあれば、積極的に質問しておきましょう。今まで日常的に行っていた電話応対ではなく、会社で働く上でルールなどもあります。働いたことがなければ分からないこともたくさんありますので、基本的なことだと思っても気になることがあれば確認しておきましょう。
電話応対では、少しでもコール数が長ければお待たせいたしましたの一言をつけるなど、さまざまな配慮が必要です。
慣れていないうちには最初の研修で学んだことが生きてきますので、最初の時間をうまく使いましょう。
社員が実際に応対している様子などもチェックしながら、実践的に学ぶことも可能になってきます。